header-logo001-pc.png

​有志

戦車研究会

エリートの中のさらに強者だけが生き残るのだ。

その試練の中でたとえ

我が民族が滅びても、私は涙しないだろう。

それがその民族の運命なのだから。